りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

悪意

悪意 (講談社文庫)

悪意 (講談社文庫)

★★★ 
人気作家が殺された。発見したのは彼の妻と、尋ねて来た友人の童話作家・野々口だった。
その野々口が書き綴った手記と、刑事加賀恭一郎の独白が交互に語られる。

これはなかなか面白かった。
東野圭吾って本当に意欲的だなぁ。

犯人探しだけではなく、「動機」がこの作品のテーマになっている。
なぜ犯人は動機をひた隠しにするのか。それが徐々に明らかになっていく。

妬み、理由の説明できないようなどす黒い感情。そんな悪意が根底に流れていてなんとも後味が悪い。

北村薫の「盤上の敵」を思い出してしまった。