りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

私が彼を殺した

私が彼を殺した (講談社文庫)

私が彼を殺した (講談社文庫)

★★★
どちらかが彼女を殺した」に続く、今度は容疑者が3人編。

私は迂闊に読んでしまうので、読み終わっても誰が犯人かわかりゃしない、、。

「薬のカプセル」がキーとなっているようで、あっちこっちにヒントのかけらがぽろぽろとまかれているのはわかるのだが、「それがどうした」となってしまう、、。とほほ。仕方ないので、ネットで検索。

それにしても、帯にあった作者の言葉に笑ってしまった。「もうこんなことをするのは最後になるかもしれない」って。作者も大変なんだな、こういう作品って。

東野圭吾って趣向をこらした作品が多い。きっとあれこれ実験せずにはいられない、理科系人間なんだろう。