りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

卒業―雪月花殺人ゲーム

★★★

卒業 (講談社文庫)

卒業 (講談社文庫)

加賀刑事が大学生の時の物語。私は、「眠りの森」を読んで以来、加賀刑事ファンなのだが、彼が大学生のときに、仲間の一人が自室で死に、自殺か他殺かという謎に迫るという内容だ。

密室、茶道の作法に秘められたゲーム、、という要素もあるが、主題は、「誰が犯人か」ということより、「なぜそうしたか」という方にあるように思う。そういう点では結構面白かった。

でも、あんまり意外性がなかったかなあ。