りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

ある閉ざされた雪の山荘で

ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫)

ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫)

★★★

名探偵の掟」を読んだ後なので、非常に感慨深い(?)作品。

この奇想天外なシチュエーション。いかにも東野圭吾らしい。「仮面山荘」を思い出させるような設定で、「これも叙述トリックでやつか??」と疑心暗鬼になりながら読んだよ。

面白かった。でも私にしては珍しく犯人がわかったぞ。