りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

月の影 影の海 十二国記

月の影 影の海(上) (講談社文庫)

月の影 影の海(上) (講談社文庫)

月の影 影の海(下) (講談社文庫)

月の影 影の海(下) (講談社文庫)

★★★★★
小野不由美原作の十二国記シリーズの第一作目。

おとなしくてまじめで周囲に対して適当に合わせている少女陽子が、ある日自分のことを「王」と呼ぶ不思議な男に連れられて、異世界(十二国)に行くという物語。

本作では、陽子がなにが起こっているのか理解できぬうちに、彼女を連れ去った男=人間ではなく麒麟(景麒)と離れ離れになってしまい、一人っきりで、自分を追ってくる妖魔と闘いながら、徐々に十二国のこと、自分がそのうちの一国である景国の国王であることを知る。

人間界では、誰にも逆らわず打ち解けずに無難にすごしていた少女が、闘いを余儀なくされて、徐々にたくましく成長していくという、成長の物語でもあり、十二国で出会った人たちに裏切られ誰も信じられなくなった彼女が、半獣と出会って、徐々に他人への係わり合い方や信頼をとりもどしてゆくという、友情の物語でもあるのだ。

おもしろい。読みやすい。まるで映画を見ているような生き生きとした主人公や妖魔、獣たち。
続きを読みたい本がまたふえてしまった。