りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

三つの小さな王国

三つの小さな王国 (白水uブックス―海外小説の誘惑)

三つの小さな王国 (白水uブックス―海外小説の誘惑)

★★★★

スティーヴン・ミルハウザーの描く人物というと、まずあの天才少年作家エドィウン・マルハウスが浮かぶ。

今回の作品のキャラクターも劣らず個性的。とくに一作目が気に入ったなぁ。
この凝り性のあまり常軌を逸してゆく主人公が最高。彼が手作りで命を削って作ったアニメを私も観てみたいなあ。