りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

贋作師

贋作師 (講談社文庫)

贋作師 (講談社文庫)

★★★
保存状態の悪い絵を、薬品を使って汚れを丁寧に落として蘇らせるという仕事をしている女性のもとの、ある著名な老画家の遺作の復興作業の依頼がくる。その画家は、商業的に大成功をおさめていたのだが、ある日遺書を残して自殺したのであった。彼女はその仕事をすすめるうちに、彼女の昔の恋人でその有名画家の弟子をしていた男とその老画家の驚くべき事実があきらかになってゆく。

どう読んでも、この老画家が気持ち悪い。まさに「邪悪」そのもの。なんともやりきれない物語なのだが、この女性修復家が実に強くてすがすがしく、また彼女の友人であるゲイの彫刻家の優しさが、せめてもの救いになってる。

篠田節子の描く女性って、みんな強いなあ、、。