りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

孤独の歌声

孤独の歌声 (新潮文庫)

孤独の歌声 (新潮文庫)

★★★★
猟期的な殺人事件を中心に、犯人、目撃者の青年、そしてこの事件に並々ならぬ執念を燃やす女性刑事の孤独、閉塞感を描いた作品。

シンガーソングライターを目指す青年が夜のコンビニでアルバイトをしていて強盗に合う。この事件をきっかけに彼が精神的に追いつめられていく過程が、妙にリアルだった。この作者が書いた「永遠の仔」もいずれは読んでみたい。