りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

恋の姿勢で

恋の姿勢で (新潮文庫)

恋の姿勢で (新潮文庫)

★★★
一時期、山田太一にはもっと小説を書いて欲しいなあと思った時期があった。「岸辺のアルバム」「異人たちとの夏」「丘の上の向日葵」、どれを読んでもおもしろくて、すごい掘り出し物を見つけたような気持ちになったんだよな。

これは、失恋して一人旅をしている女性が旅の途中である男性と出会い彼のことが忘れられずに恋いこがれていると、ある時偶然に再会を果たし、彼も彼女を探していたことがわかるのだが、彼はお互いのことは知らないままにお互いに演技をして情事をしようと、もちかけてくる、、という話。

「遠くの声をさがして」というのもそうだけど、山田太一には中年の危機というか中年のあがきというか、そういうところがテーマになっている作品が多い。

彼女は、本当の彼を知りたいと切望するのだが、いざわかってみると幻滅を感じてしまっている自分に愕然として、、、というのが妙にリアル。これ、ドラマにしてもおもしろいかも知れないね。もうなってたりして。