読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

東野圭吾

歪笑小説

歪笑小説 (集英社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/01/20メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 59回この商品を含むブログ (80件) を見る★★★★★ 新人編集者が目の当たりにした、常識破りのあの手この手を連発する伝説の編集者。自作のド…

聖女の救済

聖女の救済作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2008/10/23メディア: 単行本購入: 11人 クリック: 60回この商品を含むブログ (255件) を見る★★★ 久しぶりの東野圭吾。10年ほど前、東野圭吾を読み漁っていた時期があって、その頃は「東野圭吾に…

手紙

手紙 (文春文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2006/10メディア: 文庫購入: 19人 クリック: 174回この商品を含むブログ (535件) を見る★★ 強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、…

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2005/08/25メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 157回この商品を含むブログ (986件) を見る★★★★読みましたよー。rさんありがとう。ううう、うまいねえ、東野圭吾。たんなるミステリー作家じ…

片想い

片想い (文春文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2004/08/04メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 129回この商品を含むブログ (178件) を見る★ 読んでる間は結構夢中で読んだんだけど、読み終わると「うーん‥」。 最近日本のミステリーを読…

ゲームの名は誘拐

ゲームの名は誘拐作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 光文社発売日: 2002/11/19メディア: 単行本 クリック: 35回この商品を含むブログ (82件) を見る★ どうやら今の私は国内ミステリー離れの時期に入っているらしい。もったいないから当分国内作家は読むのやめ…

超・殺人事件―推理作家の苦悩

超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2004/04/24メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 110回この商品を含むブログ (116件) を見る★★★★ いやぁ、これは笑った笑った。東野圭吾ってきっとすごくまじめな人なん…

予知夢

予知夢 (文春文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2003/08メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 42回この商品を含むブログ (425件) を見る★★ 怪奇現象を化学で解く湯川が活躍する短編集。シリーズ化しているようだが、なかなか面白い。さくさ…

嘘をもうひとつだけ

嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 2003/02/14メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 39回この商品を含むブログ (122件) を見る★★★★ 加賀刑事が活躍する短編集。完璧に見える犯罪を、次々に暴いていく加賀刑事と、…

むかし僕が死んだ家

むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 1997/05/14メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 273回この商品を含むブログ (170件) を見る★★★★これ、結構好き。なんかこういうトーンの作品がいかにも東野圭吾らしいなあ、と…

悪意

悪意 (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 2001/01/17メディア: 文庫購入: 20人 クリック: 265回この商品を含むブログ (252件) を見る★★★ 人気作家が殺された。発見したのは彼の妻と、尋ねて来た友人の童話作家・野々口だった。 その…

眠りの森

眠りの森 (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 1992/04/03メディア: 文庫購入: 12人 クリック: 69回この商品を含むブログ (134件) を見る★★★★ バレエ界でおこった殺人事件の物語。 ミステリーとして見た時にそれほど評価は高くないか…

秘密

秘密作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1998/09メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 87回この商品を含むブログ (57件) を見る★★★★★ これは映画化もされたのでほとんどストーリーは知っていた。胸が痛くなるような話なんだろうな、と思って、…

私が彼を殺した

私が彼を殺した (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 2002/03/15メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 99回この商品を含むブログ (183件) を見る★★★ 「どちらかが彼女を殺した」に続く、今度は容疑者が3人編。私は迂闊に読んでしまうの…

学生街の殺人学生街の殺人 (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 1990/07/06メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (47件) を見る★★★ これは青春ミステリーってやつなのかな。(書いてみてちょっと恥ずかしい)東…

十字屋敷のピエロ

十字屋敷のピエロ (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 1992/02/04メディア: 文庫 クリック: 12回この商品を含むブログ (59件) を見る★★★ 十字屋敷の中で起こった殺人事件。現場をいつもそのピエロの人形が目撃していた、、。東野圭吾…

卒業―雪月花殺人ゲーム

★★★卒業 (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 1989/05/08メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 110回この商品を含むブログ (196件) を見る加賀刑事が大学生の時の物語。私は、「眠りの森」を読んで以来、加賀刑事ファンなのだが、彼が大…

ある閉ざされた雪の山荘で

ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 1996/01/11メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 55回この商品を含むブログ (128件) を見る★★★「名探偵の掟」を読んだ後なので、非常に感慨深い(?)作品。この奇想天外…

名探偵の掟

名探偵の掟 (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 1999/07/15メディア: 文庫購入: 10人 クリック: 147回この商品を含むブログ (233件) を見る★★★★ 名探偵天下一大五郎と大河原番三警部が「密室トリック」「意外な犯人」「閉ざされた空…

宿命

宿命 (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 1993/07/06メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 63回この商品を含むブログ (243件) を見る★★★ 磁石のプラスとマイナスのように、お互いに気になるけれど相容れない2人の男。彼らが刑事と容疑…

美しき凶器

美しき凶器 (光文社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 光文社発売日: 1997/03メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 24回この商品を含むブログ (49件) を見る☆今まで読んだ東野圭吾の作品の中で唯一好きになれない作品。前の日まで、超大作の「白夜行」を読…

白夜行

白夜行作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 集英社発売日: 1999/08メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 291回この商品を含むブログ (143件) を見る★★★★ 続きが気になって、読み終わるまでなにも手に付かなくなる作家がいる。私のばあいは、東野圭吾と宮部みゆき…

探偵倶楽部

探偵倶楽部 (角川文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2005/10/25メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 9回この商品を含むブログ (115件) を見る★★どんな秘密も守りどんな事件も解決する、選ばれた人々のための秘密結社(?)それが、探偵倶…

犯人のいない殺人の夜

犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 光文社発売日: 1994/01メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 34回この商品を含むブログ (47件) を見る★★★ 短編集。推理物の短編集って基本的にあんまり好きじゃないんですけど、この人はこう…

変身

変身 (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 1994/06/06メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 64回この商品を含むブログ (315件) を見る★★★★ 強盗事件に遭遇して犯人の銃弾をうけ、脳を移植された青年が、もともとの自分自身とは似ても似…

どちらかが彼女を殺した

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 1999/05/14メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 176回この商品を含むブログ (229件) を見る★★★ これは容疑者が2人いて、どちらも同じくらい怪しくてどちらも自分はやって…

パラレルワールド・ラブストーリー

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 講談社発売日: 1998/03/13メディア: 文庫購入: 18人 クリック: 237回この商品を含むブログ (214件) を見る★★★★★ これは切ない物語。 自分が今一緒に暮らしている女性。彼女が…